試合情報

日程・結果

試合終了

2017年02月26日

明治安田生命J2リーグ

第1節

試合終了

1 - 0

徳島ヴォルティス

1前半0

0後半0

東京ヴェルディ

前半26分   杉本 太郎
得点者
後半14分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [FW] 16 渡 大生
後半25分
IN : [MF] 17 山﨑 凌吾 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半37分
IN : [MF] 10 大﨑 淳矢 OUT : [FW] 26 杉本 太郎
交代 前半40分
IN : [MF] 20 井上 潮音 OUT : [MF] 8 中後 雅喜
後半19分
IN : [FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ OUT : [FW] 7 アラン ピニェイロ
後半32分
IN : [DF] 6 安在 和樹 OUT : [MF] 11 中野 雅臣
警告
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/中風
気温/湿度12度/37% 観客数6149人
主審野田 祐樹 副審1佐藤 貴之
副審2鈴木 規志 第4審判大原 謙哉
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 0
0 0 PK 0 0
8 4 GK 4 2
2 6 シュート 0 5
3 8 FK 9 11
3 4 CK 2 1
0 0 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 東京V
リカルド ロドリゲス 監 督 ロティーナ
21 梶川 裕嗣
G K 1 柴崎 貴広
4 藤原 広太朗
5 石井 秀典
2 ヴァシリェヴィッチ
D F 3 井林 章
19 永田 充
5 平 智広
22 広瀬 陸斗
6 カルリーニョス
8 岩尾 憲
27 馬渡 和彰
23 前川 大河
M F 18 高木 大輔
17 内田 達也
8 中後 雅喜
11 中野 雅臣
26 杉本 太郎
16 渡 大生
F W 38 梶川 諒太
10 高木 善朗
7 アラン ピニェイロ
[GK] 1 相澤 貴志
[DF] 20 キム ジョンピル
[MF] 28 井澤 惇
[MF] 11 島屋 八徳
[MF] 10 大﨑 淳矢
[MF] 17 山﨑 凌吾
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 34 内藤 圭佑
[DF] 4 畠中 槙之輔
[DF] 6 安在 和樹
[MF] 20 井上 潮音
[MF] 27 橋本 英郎
[MF] 32 二川 孝広
[FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルド ロドリゲス監督
【試合総括】
『前半は非常にボールを支配して、ゲームをコントロールできていたと思います。その中でチャンスも構築し、杉本選手がゴールを挙げることもできました。後半は相手が選手を替えてきて中盤で苦戦したところと、我々自身のプレーにも深さが足りなかったりして難しくなりましたが、最終的には勝利することができて良かったと思います。』
 
【質疑応答】
Q=優位にゲームを進められたのは、どういう点が良かったからなのか?
A=『ゲームを支配することができれば、それがアドバンテージとなり勝つチャンスは広がると、ゲーム前は選手たちに話をしました。大切な中盤を支配することで実際にそうなったと思います。プレッシャーに関しては、途中から相手CBに対して上手くかけられませんでしたが、しっかりとやれているところもありましたし幸運も味方してくれました。』
 
Q=サポーターの入ったこのスタジアムで初めてゲームをした感想は?
A=『今日足を運んでいただき、そしてゲームが終わり喜んで帰るファン・サポーターがいて、個人的にも非常にうれしく思います。こうしてホーム開幕戦を迎え勝利で終えられたということは、とても素晴らしいことだと思います。今日のように勝利を積み重ねながら、さらに多くのファン・サポーターの皆さんに来ていただけるよう努力したいと思います。』
 
Q=同じスペイン出身ということで、相手監督や相手の戦い方を意識しましたか?
A=『我々に対してどこも簡単にはプレーさせてくれないだろうと考えていました。ですから、ボールに対して強くプレッシャーに行かなければいけないと思い、今日は激しく戦いました。スタイルについては、CBからボールを運んだり、中央を支配しようとしたり、コンビネーションプレーで打開しようとしたり、我々と似ているところがありました。』
 
Q=次節、どのように戦いたいと思っているのか?
A=『京都の試合を見ていないのでまだ何とも言えませんので、これから映像を見て、勝ち点3を取れるように分析したいと思います。京都は今日ホームで負けたようなので、当然勝利を目指して挑んでくると思います。我々としては非常に難しい状況に追い込まれるかもしれませんが、そんな中でも今日のように強く激しい試合をしていければ良い結果を得ることができると思います。』



 

■岩尾 憲選手
『今日を目指してトレーニングをやってきました。苦しい試合でしたが全員がハードワークして、続けてきたことが勝利という結果に出て良かったと思っています。個性豊かな仲間とここまで良いトレーニングをしてきたので、これを途切れさすことなく良い方向に進んでいけるように頑張りたいです。最低でも6位以内だと監督も言っていますので、そこは絶対にクリアしたいと思います。しっかりと結果を出せるように、切り替えて次節も頑張ります。
それから、昨日僕たちはここでトレーニングをさせてもらいましたが、ボランティアのみなさんが席を一つひとつ丁寧に拭いてくださっているのを見て、僕たちの責任の重さをあらためて感じました。ボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。』




■杉本 太郎選手
『得点シーンは馬渡選手から良いボールが来たので、丁寧にミートすることを意識しました。開幕戦でゴールできたことは嬉しく思っていますし、今後も勝利につながるプレー、ゴールにつながるプレーをお見せしたいです。そして次節に向けても引き締めて準備し、勝利してホームに帰って来たいです。』




■ヴァシリェヴィッチ選手
『無失点で終えるというのがDFの仕事ですし、うちの攻撃陣も自分の仕事をしてくれて、第1節を勝利したということがとても重要だったと思います。サッカーとは何が起こるのかわからないスポーツです。そんな中で勝ち点を取りに行くということが重要です。修正すべき部分もあったと思いますので、コーチと話し合いながら、また次節も勝利を目指して戦います。最後に接触で傷みましたが、勝てばそのようなことは忘れてしまいます。リカバリーの時間もあるし問題ないです。』




~ハーフタイム監督コメント~
・パススピードを上げていくことと、ボールを持ったら前に出ていこう!
・守備は強く、このまま続けていくことと、相手のカウンターをケアすること。
・2点目を決めに行こう!!

 


~試合前日コメント~
■カルリーニョス選手
明日の試合はとても大切な開幕戦だと思っているので、絶対に勝利したいと思います。サポーターのみなさんは12番目の選手だと思っているので、ぜひ力を貸してください。
個人としては、チームに貢献出来ることが一番ですが、チャンスがあれば得点も狙っていきたいです。ただ、何よりも勝利で終わることが一番だと思っています。みなさん応援よろしくお願いします!

ギャラリーへ

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

GO TOP