試合情報

日程・結果

試合終了

2017年04月08日

明治安田生命J2リーグ

第7節

試合終了

1 - 1

徳島ヴォルティス

0前半0

1後半1

レノファ山口FC

後半46分   渡 大生
得点者 後半28分   星 雄次
後半0分
IN : [MF] 13 松村 亮 OUT : [DF] 5 石井 秀典
後半11分
IN : [MF] 6 カルリーニョス OUT : [MF] 32 小西 雄大
後半31分
IN : [FW] 24 川上 エドオジョン 智慧 OUT : [MF] 26 杉本 太郎
交代 後半14分
IN : [MF] 15 池上 丈二 OUT : [MF] 14 髙柳 一誠
後半22分
IN : [MF] 17 加藤 大樹 OUT : [MF] 8 小野瀬 康介
後半31分
IN : [MF] 20 清永 丈瑠 OUT : [FW] 22 和田 昌士
後半42分 警告 ヴァシリェヴィッチ
警告
退場
前半11分 警告 前 貴之
試合会場 維新百年記念公園陸上競技場 キックオフ 13:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風雨のち曇/無風
気温/湿度21.1度/60% 観客数4013人
主審井上 知大 副審1日比野 真
副審2イ サンギ 第4審判松本 大
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 1
0 0 PK 0 0
4 3 GK 10 2
7 9 シュート 10 10
2 8 FK 3 10
1 3 CK 2 3
1 0 イエローカード 1 0
0 0 レッドカード 0 0
1 3 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 山口
リカルド ロドリゲス 監 督 上野 展裕
21 梶川 裕嗣
G K 33 山田 元気
4 藤原 広太朗
5 石井 秀典
2 ヴァシリェヴィッチ
D F 6 前 貴之
4 福元 洋平
18 香川 勇気
19 星 雄次
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
22 広瀬 陸斗
26 杉本 太郎
27 馬渡 和彰
M F 5 佐藤 健太郎
40 小塚 和季
14 髙柳 一誠
8 小野瀬 康介
11 島屋 八徳
16 渡 大生
F W 13 米澤 令衣
22 和田 昌士
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 20 キム ジョンピル
[DF] 19 内田 裕斗
[MF] 28 井澤 惇
[MF] 6 カルリーニョス
[MF] 13 松村 亮
[FW] 24 川上 エドオジョン 智慧
SUB [GK] 42 吉満 大介
[DF] 3 渡辺 広大
[DF] 21 廣木 雄磨
[MF] 15 池上 丈二
[MF] 17 加藤 大樹
[MF] 20 清永 丈瑠
[FW] 9 岸田 和人

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『試合は、ボールを持っている時は惜しいシーンもありましたが、、レノファ山口の方にもおもしろい崩しなどもあり、苦戦しました。後半は杉本が崩したシーンなどいい場面もありましたが、最終的に今日の試合で重要だったのは、運と言ってしまえば運かもしれませんが、後半アディショナルタイムに点を決めて勝点1を取れたことが大きかったです』

【質疑応答】
Q=ハーフタイムに石井選手に代えた松村選手を投入した意図は?
A=『攻撃の面で、背後にもスペースがありましたので、前からどんどんもう少し抜けていける選手ということで松村を投入しました。また、相手も我々のCBの裏を狙っていたというのもありまして、ビルドアップもうまくいっていなかったので馬渡を一枚下げました。フレッシュな選手として松村を投入して、そこから新しい崩しをしていこうかなという考えでした』

Q=通訳がいつもの方と違いましたが、何か違いはありましたか?
A=『本日(スペイン語通訳の)小幡が体調不良で、試合に帯同できなかったので、英語の通訳が帯同しました。ミーティングなどを含めても問題は特にありませんでした』

Q=島屋選手は昨年まで山口でプレーしていて、今日もいいプレーをしていました。彼については一言いただけますか?
A=『彼は途中で左サイドでも起用しましたが、ストライカーとしてもサイドハーフとしても起用することができるユーティリティなプレーヤーです。点も決めることもできるとサッカーの面で頭もいいので、とてもいい選手だと思います』

Q=先ほど相手の裏を狙っていたというコメントがありましたが、最後、パワープレーのような形で決めましたが、狙っていた形だったのでしょうか?
A=『裏を狙っていくのもそうですし、サイドからの攻撃も中からの攻撃も狙っていました。途中から前からプレスにいけなくなったので、コンパクトにして、そこからカウンターアタックで裏のスペースやサイドのスペースを突いていこうという狙いでした』

Q=先ほど運もあったというお話をされましたが、「山口の方がいいサッカーをしていたけど引き分けることができた」という意味での運ということでしょうか?
A=『お互いにボールを持っているときは常にいいサッカーをしていたと思います。相手も、中盤で真ん中から崩せるおもしろいサッカーをしていますし、逆に我々もボールを持っているときは相手に危険を与えているいいサッカーができていたと思います』



■渡大生選手
『相手の方がポゼッション率も高くてやられているなという印象があったのですごく悔しい試合でした。相手の方がまとまりというか距離感が良くて、チームとして出来上がっているなと思いました。
(広瀬)陸斗とは練習からやっています。去年も2回くらいは(アシストが)あったので、いつもありがとうという感じですね』


■島屋八徳選手
『負けていてもおかしくない試合でしたけど、課題が多く見つかるようないい試合だったと思います。次につなげていくことが大切だと思います。
(課題というのは具体的には)守備の部分ですね。チーム全体としてプレッシングにいくことです。単発でいって、3人、4人と相手にかわされる場面がたくさんあったので、もう少し連動していく守備だったり、相手をワンサイドに寄せていったりという部分も意識しないといけません。もう少しボールを握って押し込んで、主導権を握ることも今後大事になってくると思います。
(この勝点1は)連敗しなかったので、それはプラス材料でしたし、勝てれば一番いいですけど、この引き分けを次につなげていくことが大事になると思います』


■川上エドオジョン智慧選手
『(デビュー戦の感想を教えてください)特に良さとか出せなかったですけど、チームが引き分けに持って行けてよかったです。自分が出た試合で引き分けになったことで、ほっとしている部分もありますし、もっとできた、もっとやればよかったという後悔も少しあります。
昨日から自分のよさを出していけということを監督からも言われていて、そういうところを評価してくれているのかなと思います。
もっと仕掛けてシュートまでいきたかったですね。負けているということもあって、ボールを失ってカウンターをくらってしまったらどうしようという気持ちもあって、思い切ったプレーができませんでした。次ですね』


~ハーフタイムコメント~
・相手が中盤を上手く使ってきているからコンパクトに
・ボールを受ける動きを入れて、スペースを見つけることを続けよう
・勝たなければいけない試合だぞ!

~試合前日コメント~
■島屋 八徳選手
『絶対に勝ちます!何が何でも、まずは絶対勝ちたいです。古巣との試合ですし、負けたくないです。自分がゴールを決めて勝てれば一番最高です。
チームとしても昇格をする上で連敗は許されません。前節の試合に関しては分析をして、反省する作業はしっかりと出来ています。みんな切り替えて次に向けてしっかり準備をしてきましたし、あとはケガ無く当日を迎えていつも通りの力を出せれば絶対に勝てると思います。
自分の古巣であるレノファ山口FCとの試合となりますが、サポーターの皆さんにはより一層サポートしていただいて、勝点3を一緒に取って帰りましょう!応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

GO TOP