試合情報

日程・結果

試合終了

2017年05月13日

明治安田生命J2リーグ

第13節

試合終了

1 - 1

徳島ヴォルティス

0前半0

1後半1

FC岐阜

後半49分 岩尾 憲
得点者 後半38分 永島 悠史
後半18分
IN : [MF] 11 島屋 八徳 OUT : [FW] 17 山﨑 凌吾
後半33分
IN : [DF] 19 内田 裕斗 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半40分
IN : [MF] 10 大﨑 淳矢 OUT : [DF] 2 ヴァシリェヴィッチ
交代 後半8分
IN : [FW] 22 山田 晃平 OUT : [FW] 7 田中 パウロ淳一
後半32分
IN : [FW] 24 難波 宏明 OUT : [FW] 14 風間 宏矢
後半39分
IN : [DF] 2 阿部 正紀 OUT : [DF] 17 大本 祐槻
前半25分 警告 山﨑 凌吾
前半44分 警告 前川 大河
後半25分 警告 ヴァシリェヴィッチ
警告
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 16:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風曇/中風
気温/湿度22.1度/62% 観客数3762人
主審窪田 陽輔 副審1秋澤 昌治
副審2熊谷 幸剛 第4審判西山 貴生
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 1
0 0 PK 0 0
9 4 GK 8 3
6 8 シュート 3 6
2 6 FK 12 10
7 2 CK 1 4
1 2 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 岐阜
リカルド ロドリゲス 監 督 大木 武
21 梶川 裕嗣
G K 25 ビクトル
4 藤原 広太朗
2 ヴァシリェヴィッチ
5 石井 秀典
27 馬渡 和彰
D F 17 大本 祐槻
15 田森 大己
27 ヘニキ
16 福村 貴幸
23 前川 大河
8 岩尾 憲
6 カルリーニョス
26 杉本 太郎
M F 6 シシーニョ
10 庄司 悦大
28 永島 悠史
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 7 田中 パウロ淳一
14 風間 宏矢
11 古橋 亨梧
[GK] 1 相澤 貴志
[DF] 15 井筒 陸也
[DF] 19 内田 裕斗
[MF] 28 井澤 惇
[MF] 10 大﨑 淳矢
[MF] 11 島屋 八徳
[FW] 9 アシチェリッチ
SUB [GK] 21 高木 義成
[DF] 2 阿部 正紀
[DF] 5 青木 翼
[MF] 8 野澤 英之
[MF] 23 小野 悠斗
[FW] 22 山田 晃平
[FW] 24 難波 宏明

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『岐阜のようなチームには、非常に難しい戦いを強いられます。彼らはボールを保持していない時でも素早いカウンターを仕掛けられますし、ボールを保持している時は上手くボールを動かすことができます。しかし我々も前半に多くのチャンスを作ることができました。それは前からの良い守備と良い攻撃ができたからです。 前半に作った数回のチャンスを決め切られなかったこと、また後半も同じようなことになったことが、このゲームの大きなポイントだと思います。そのような展開の中で相手に先制されてしまいましたが、最後の最後で追い付けたことは良かった点だと思っています。我々が作ったチャンスの数から考えると勝点3を取れてもおかしくなかったゲームでしたが、苦しい状況でも追い付けたことをポジティブに考えたいと思います。』

【質疑応答】
Q=山﨑選手が窮屈そうにプレーしていたが、どのような役割を求めていたのか?また監督の目にはどう映っていたのか?
A=『彼は元々あのポジションでないということは理解しています。ボールが入った時に苦戦している印象はありましたが、彼には速さを活かして相手エリアの深くまで侵入していくプレーを要求していましたし、実際前半にも彼が起点となっていいプレーをしていました。内田選手を右に入れるプランもあり、交代で入った時はそのように配置しましたが、やはり今回のゲーム前の判断としては、山﨑の方がより深さを取れて速く前へ運べるということで決断し要求をしました。』


■岩尾憲選手
『今日は見ての通り、何度もあった決定機で枠に飛ばせず、冷静さを欠いて止められてしまい決め切れなかったことに尽きると思います。そのような場面はゲームの中で何回かはありますが、あれだけ続くとこの結果も必然という感じです。前節から少しもったいないゲームをしていますが、とにかく質を上げられるようにトレーニングから取り組むほかありません。すぐに変わるものではないですが、昇格するために根気強くやっていきたいです。』


■カルリーニョス選手
『ベストを尽くしてゴールを目指しましたが、あと少しの所で及びませんでした。しかし繰り返してトライすることで、結果が出るようになると思います。私自身にもチャンスがありましたが、GKの好守に阻まれました。チャンスをものにしないと勝利することは難しくなるので、トレーニングの中から意識を高く持ち、次節は今日の分まで取れるように頑張ります。
シーズンが始まってここまでに積み上げてきたものはたくさんあり、激しい守備で奪って攻撃へ移るスタイルは自分たちの形になりつつあります。今後も続けていくことで、さらに強くなれると思っています。』


■馬渡和彰選手
『まずは、このような状況でもサポーターの皆さんが応援してくれるので、結果を出して恩返しをするという気持ちで臨みました。ブーイングもなく、とてもポジティブな気持ちでピッチに立たせてもらいました。
これまででもなかなかゴールを決められず0-0で進む中、雰囲気が悪くなり失点してしまうゲームがあったので注意はしていたのですが、今日も失点してしまいました。個人的には復帰戦で体力的にはきつかったのですが、攻撃の部分で自分の良さを出したいと思っていました。得点になった場面も、相手の嫌なボールを送るという仕事ができたことは良かったと思います。しかし正直負け試合でした。順位表で上位にいるチームに勝利しながら、このような内容で取りこぼしていると昇格は厳しくなります。そのようなことが続いているので、チームでしっかりと話をして突き詰めたいです。
次は古巣との対戦です。絶対に負けたくないので全力で頑張ります。』


~ハーフタイムコメント~
・前半は良かったぞ。後は最後のところを決めるだけ
・もっとボールを保持していこう
・カウンターからもチャンスが作れているぞ、後半も狙っていこう

~試合前日コメント~
■前川大河選手
『自分たちが今までやってきたコンセプトを今一度改めて一週間のトレーニングで確認しました。自分自身得点が取れて調子も良いです。岐阜はすごく上手いし、ショートパスでつないでくる印象があります。攻撃がストロングポイントだと思うので、自分たちもボールを支配していくことが大事になると思いますし、そこで自分がタメを作ったりすることが大切だと思っています。チームとして全員で守備をするところで最近は失点も多いので改めて意識していかないといけないと思います。 ホームなので絶対勝点3を取りたいと思います!明日も応援よろしくお願いします。』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

GO TOP