試合情報

日程・結果

試合終了

2017年06月25日

明治安田生命J2リーグ

第20節

試合終了

6 - 1

徳島ヴォルティス

4前半0

2後半1

モンテディオ山形

前半11分   岩尾 憲
前半23分   山﨑 凌吾
前半24分   山﨑 凌吾
前半33分   渡 大生
後半9分   渡 大生
後半10分   杉本 太郎
得点者 後半41分   瀬沼 優司
後半26分
IN : [FW] 10 大﨑 淳矢 OUT : [FW] 17 山﨑 凌吾
後半26分
IN : [MF] 28 井澤 惇 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半33分
IN : [MF] 24 川上 エドオジョン 智慧 OUT : [MF] 11 島屋 八徳
交代 後半0分
IN : [MF] 8 風間 宏希 OUT : [MF] 2 瀬川 和樹
後半22分
IN : [FW] 26 永藤 歩 OUT : [MF] 17 中村 駿
後半28分
IN : [DF] 24 荒堀 謙次 OUT : [MF] 6 山田 拓巳
後半4分 警告 杉本 太郎
警告
退場
後半43分 警告 汰木 康也
試合会場 NDソフトスタジアム山形 キックオフ 18:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風雨/弱風
気温/湿度21.1度/78% 観客数5795人
主審木村 博之 副審1八木 あかね
副審2平間 亮 第4審判大田 智寛
後半 前半   前半 後半
2 4 得点 0 1
0 1 PK 0 1
3 3 GK 4 2
6 8 シュート 4 7
3 5 FK 9 9
1 2 CK 1 5
1 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 2 3

スターティングメンバー

徳島 チーム 山形
リカルド ロドリゲス 監 督 木山 隆之
31 長谷川 徹
G K 1 児玉 剛
4 藤原 広太朗
3 大﨑 玲央
15 井筒 陸也
D F 20 茂木 力也
5 菅沼 駿哉
27 高木 利弥
11 島屋 八徳
8 岩尾 憲
23 前川 大河
26 杉本 太郎
27 馬渡 和彰
M F 6 山田 拓巳
14 本田 拓也
17 中村 駿
2 瀬川 和樹
9 瀬沼 優司
25 汰木 康也
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 11 阪野 豊史
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 19 内田 裕斗
[MF] 28 井澤 惇
[MF] 24 川上 エドオジョン 智慧
[MF] 7 木村 祐志
[FW] 10 大﨑 淳矢
SUB [GK] 23 富居 大樹
[DF] 3 栗山 直樹
[DF] 4 宇佐美 宏和
[DF] 24 荒堀 謙次
[MF] 7 松岡 亮輔
[MF] 8 風間 宏希
[FW] 26 永藤 歩

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『前半から非常によかったと思います。自分たちが積極的にボールを持って支配することができましたし、それから決定力ですね。決められるチャンスのところでしっかり決めて前半に4点取ることができました。ディフェンスの部分でも、相手がセンタリングをメインに攻撃してくることは予想していたので、そういったことをさせないようにしっかり守備をすることができました。後半に入ってからも、話したことをしっかりピッチで選手たちはやってくれたと思います。

後半の立ち上がりすぐに2点を奪って、時間によっては後ろに引いてしまう時間もありましたけど、後ろに引かずに戦うことができたと思います。その結果、6対1といい試合ができたと思います。この試合まで山形は3試合しか負けがなくて非常に難しい相手だったので、この勝利には非常に満足しています。(山形は)非常に失点も少なかったので、今回このように得点が取れると思わなかったですが、非常にいい試合ができてよかったと思います

【質疑応答】
Q=5月に引き分けが続いていた時期に比べて今日は何が一番違っていたのか。
A=『5月と違うのは、あの時期は連戦が続いていて、次の試合への準備時間がありませんでした。それからアイデアや戦術が時間を経て非常に進歩・向上したと思います。いろいろなバリエーションを試合の中で使い分けることができるようになりました。ビルドアップのところで非常に改善したと思います。いろいろな面から改善していったので、今日のような結果につながったのかなと思います』




■山﨑凌吾選手
『(前半から攻撃陣の連動も高かったように見えましたが?)フォーメーションを変えてトップ下に島屋選手が入って自分と大生といい距離感が保てていたと思いますし、前半からすごくいい攻撃ができたと思います。
(PKをもらったシーンについて)相手が来ていて、右足でシュートを打とうと思っていたら相手の足が引っ掛かりました。
(大量得点できたことについて、これまでと何が違ったのか?)練習から一人ひとりが意識していますし、みんなの意識が上がっていることがゴールにつながって、これを毎試合できるようにしていきたいです。他の試合でも決めていれば3-0、4-0で勝てた試合もあると思うので、これを続けていかないといけないと思います』


■渡大生選手
『(試合を振り返って?)得点も複数取れて内容も良かったんですけど、後半少し押し込まれて最後点を取られたことは少しもったいなかったと思いました。
(雨を試合を優位に進められた要因は?)試合の早い段階でゴールを取ることができて、前節に続いてそれがよかったです。
(CKからも点を取れました)練習通りでした。
(誕生日にゴールを決めましたが、狙っていましたか?)う~ん別にないんですけど(笑)たまたま重なっただけですけど、良かったんじゃないかなと思います。
(次の愛媛とのダービーについて)後半は押し込まれて最後失点したのは課題ですし、もっと圧倒して、勝った時ほど引き締めていきたいと思います』


■杉本太郎選手
『(開幕戦以来のゴールとなりました)うまくスペースを見つけてそこにうまく入り込めたので、あとは・・・あんまり考えていないですね(笑)。ああいう形は結構好きですし狙っていたので、今日ははまったかなと思いました。(シュートも)割と落ち着いていました。
(チームの連携も攻撃の精度も高かったです)ゴール前の落ち着きであったり、ゴールにかける人数もそうですし向かう姿勢もチーム全体で共有出来ていたと思います。
(次の試合で前半戦を折り返します)いい形で折り返せればいいかなと思いますし、自分たちのプレーに集中してできることをやれればいいかなと思います。
(ダービーとなります)たくさんお客さんも入ると思うしそれを期待していますし、そういう雰囲気の中で勝利できればいいですね』


~ハーフタイムコメント~
・ここで満足しないこと。まだ終わってないぞ、続けていこう!
・ボールを保持して、相手を走らせていこう。
・大事なことは無失点で試合を終わらせること。

~試合前日コメント~
■馬渡和彰選手
『ポイントは自分たちが自分たちのサッカーを出来るかだと思います。山形は負け数が一番少ないチームですが、自分たちが4敗目を付けれるように頑張ります。 イメージとしてはとても固いサッカーをしていると思います。そういったチームに対しては先制点がすごく大事になるので、自分たちが先に点を取って2点目3点目が取れればすごく楽に進められると思います。逆に先に取れられて手堅く来られたら厳しくなってしまうので、前節の熊本戦のように早い時間帯に先制して勝ちたいです。 明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

GO TOP